外資系企業向け医師転職エージェントランキング

外資系企業へ転職をお考えの先生へ

語学力を生かした新たなやりがいの創出やキャリアアップなどを目的として外資系企業への転職を考えるドクターが増えています。他の医師の転職先に比べると希少案件となりますのでしっかりとした準備が必要となってきます。

医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録すれば、豊富な医師求人の中から希望の転職先を探すことができます。もちろん外資系企業の医師求人もカバーしていますので、転職を考えたらまずはご登録をおすすめします。

フライトドクターの求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師転職ドットコムはその規模の充実さがおすすめの理由です。登録している機関数は約6980施設で、利用している医師は実に2万人という実績が、信頼の高さを反映しています。特に医師転職ドットコムでは、年収交渉に定評があります。公表されているデータによると、転職前後で年収が平均146.6%上昇しています。現在の収入に不満があって、年収アップできるような職場を探して外資系企業を探している人にはお勧めです。

リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートドクターズキャリアは就職・転職サポート企業として有名なリクルートグループが運営しています。実に医師の転職サポートを30年以上にわたって行っており、その中で培ってきた豊富なノウハウを活かして、皆さんの外資系企業への転職を強力にサポートしてくれます。外資系企業への転職で、非常勤で仕事できるところを探している人もいるでしょう。リクルートドクターズキャリアは非常勤案件も豊富に抱えているので、満足できる転職先を見つけられます。

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エムスリーキャリアエージェントは、実に25万人以上の医師が登録する「m3.com」のエムスリーグループが運営しています。医師向けの最新医学や医療情報を網羅していて、業界とも太いパイプを持っています。外資系企業ともコネクションを持っているので、ほかでは紹介していない掘り出し物の案件の見つかる可能性は高いです。エムスリーキャリアエージェントは、交渉力の強さが高く評価されています。希望する条件があれば先方に伝えておくと、それをベースにした交渉が行われます。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビDOCTORは病院以外の転職先に強みを持っていて、外資系企業への転職を目指している人におすすめのサイトです。マイナビグループというと就活サイトで有名で、日本でも屈指の大手ですから、さまざまな業種とつながりがあります。このため、外資系企業ともネットワークがあってその中で転職先の紹介が受けられます。希少な求人もしっかりカバーできているので、多くの選択肢の中から進路をチョイスできます。

ドクタービジョン 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
メディカルソースという、薬剤師業界でナンバーワンの人材紹介サービスを行っているところが運営している転職サイトです。薬剤師紹介での医療機関や製薬会社との太いパイプがあって、そのコネクションを使って医師にも転職先を紹介しています。エージェントは医師と話をして、皆さんの希望条件を聞きます。この面談は原則対面で行い、それぞれの医師のパーソナリティを深く理解したうえで、マッチングする外資系企業を紹介してくれます。

外資系企業で医師の募集があるのは?

医師の方でグローバルな世界で活躍してみたいと思っている人はいませんか?もちろん一つの方法として、海外の病院に就職する方法はあります。しかし、基本英語で医療スタッフや患者とコミュニケーションをとる必要があるため、よほど語学力に自信がないと務まらないでしょう。思わぬ意思疎通の誤解が医療ミスを招き、患者を危険な状況に追い込んでしまうことも十分あり得ます。もちろん海外の病院で勤務することはキャリアをつけるためには有効ですが、リスクもつきものなのです。できることならローリスクで国際的に活躍していきたいと思っているのであれば、外資系企業に転職するのはいかがですか?

外資系企業の医師の募集を見てみると、製薬会社や保険会社でしばしば見られます。製薬会社では新薬開発を日々進めていて、この新薬開発のプロジェクトに携わって、専門知識を活かしてアドバイザーとして仕事をする方法があります。そのほかにも臨床薬理試験を実施する際に、企画の立案・進行などを担当するスタッフの募集も見られます。さらには製薬開発のマーケティング担当者の求人を見ると、医師免許を持っていることが応募の条件としている案件も見受けられます。

保険会社の場合、特に生命保険で医師の募集を出す傾向が見られます。生命保険加入の際には、健康状態に問題がないか診査を行うため、この診査の担当の医師の求人の出ることがあります。そのほかには保険金支払いの請求のあったときに支払いなどメディカルアドバイスを行ういわゆる社医の募集がしばしば見られます。保険会社の中には新規の保険商品を開発するにあたって、専門的なアドバイスを行う医師の募集を出すケースも見受けられました。もし外資系企業で医師の知識・スキルを活かして仕事をしたければ、保険会社や製薬会社にターゲットを絞って情報収集を進めるといいでしょう。

医師の募集を出している外資系を見てみると、世界中に拠点を設けている巨大企業であることが多いです。このため、入職して当面は日本国内で仕事をする形になるでしょう。しかしキャリアを積んでいけば、海外の拠点に転勤して仕事に恵まれる可能性も十分にあります。「今は語学力など自信がないけれどもいずれは海外に出て活躍してみたい」と思っているのであれば、外資系企業への転職を検討してみるといいでしょう。グローバル化がどんどん進んでいて、外資系企業もどんどん日本に進出しています。外資系企業の求人は今後増えることはあっても、少なくなる可能性は低いと言えます。

外資系企業での医師求人は稀少?

医師の中には外資系企業への転職に興味を持っている人もいるかもしれません。しかし「外資系の求人はそもそも少ないのではないか?」と思う人もいるでしょう。外資系の中でもどのようなジャンルの企業へ転職するかによって、その難易度も違ってきます。まず医師がその経験や能力を活かして転職する企業の候補として、保険会社があります。しかし保険会社の募集はそれほど多くはありません。保険会社の場合、診査を担当するスタッフは医師免許を活かせる職種です。しかしこのようなスタッフは大量に必要な人材ではないため、なかなか求人が出にくいところがあります。

医師の企業の転職先の候補としてもう一つ、製薬企業があります。製薬企業の場合、新薬開発のスタッフや臨床試験の立案、マーケティングの担当など様々な医師の経験・知識を活かした案件が出ています。そして製薬業界の場合、そもそも外資系の占める割合は大きいです。ですから外資系製薬会社の求人であれば、比較的活発に出ています。外資系企業を見ると、ダイバーシティをメインに打ち出しているところが多いです。多様性を重視していますから、広く人材を募集する傾向が見られます。女性の長期的なキャリア形成のサポートも日系企業と比較して手厚いです。育児休業や時短勤務、在宅勤務など、できるだけ家事や育児の負担がかからない仕事との両立を目指しています。女性の方で今の職場では家事や育児との両立が厳しくなっているようであれば、製薬メーカーへの転職を検討してみる価値はあるでしょう。

このように製薬会社であれば、外資系の医師募集もしばしば出ています。しかしその内容についてはしっかり吟味の上で応募するかどうか検討しましょう。なかには高い英会話スキルの要求される案件もあります。ディスカッションをするときに、基本英会話のみというところも少なからず見られます。ですから面談の段階で、英語のスキルについて確認される場合もあるでしょう。特に海外勤務もありうる企業の場合、英会話スキルは採用の可否で大きな影響力を誇ります。

一方で国内専業の場合、さほど語学力の求められない職種もあります。この場合、語学力は日常会話ができれば十分で、むしろ医療の世界における実績・キャリアの方を重視する案件も見られます。外資系製薬会社の場合、選択肢もそれなりにありますから、応募する前に自分が相手の求める人物像を満たしているか、十分吟味したほうがいいでしょう。


Copyright (C) 2018 外資系企業向け医師転職エージェントランキング All Rights Reserved.